• トップ /
  • 葬儀業界で活躍する人になる
バックナンバー

葬儀社の求人で重視されること

葬儀業界で活躍する人になる

葬儀会館で求められる人材とは

亡き人を偲び、最後のお見送りをする葬儀は、旅立つ人にとっても残されたご遺族にとっても大切なセレモニー。そんな葬儀の場では、非常に多くのスタッフが働いています。映画おくりびとで一躍有名となった納棺師、様々な知識と技能を持つ葬祭ディレクター、参列者のお世話などをするセレモニースタッフの他に、生花スタッフや葬儀司会者、霊柩車やバスのドライバーなど、職種も多岐にわたります。旅立ちのお手伝いをしたい、安定した職業を得たい、そんな人に向けて葬儀業界の求人は各種あります。どの職種もしっかりした研修があるので、専門知識はなくて大丈夫。制服があるため、服装の心配などもいりません。様々な人と接する機会が多い仕事のため、一般常識を持つ真面目な人が何より望まれます。求人に応募する時には、清潔できちんとした服装、目を見て話す、しっかり挨拶する等を心がけると良いでしょう。中でも服装は大切です。相手に不快感を与えない色やデザインを選ぶのが基本。香水やきつい柔軟剤の香りなども避けた方が無難です。求人での応募者に対して葬儀業界が望んでいるのは、そのような良識ある誠実な人。悲しみのまっただ中にあるご遺族の気持ちにそっと寄り添えるような人は、それだけで貴重な人材となります。

↑PAGE TOP